FIAT500アバルトのホイールをマットブラックで粉体塗装 (東京都練馬区 S様)

LINEで送る
Pocket

今回は、ホイールのカスタム施行のご紹介です。

車種は、FIAT500のアバルト(ABARTH)
こんなお車です。

 

 

 

after

 

お客様は、東京都練馬区からわざわざご来店いただきました。
ありがとうございます。

 

 

画像からも分かる通り、ほぼ新品に近いホイールなんですよね。
新品のホイールへの施行は、お客様の求める仕上がり後のクォリティーも当然高くなりますので、やっぱり少々身が引き締まるものです。

色は、ハーフマットブラックをご希望です。
塗装方式は、「ウレタン塗装」と「粉体塗装(パウダーコート)」の方式があるのですが、今回は塗膜がより強固で耐候性にも非常に優れている粉体塗装(パウダーコート)を選択されました。

 

 

粉体塗装のメリット・デメリット

 

<メリット>
・耐食性、塗膜強度等の耐久性が非常に優れている。
・硬度もありながら柔軟性もあるため、傷が付きにくく割れにくい。
・スポークの奥など細かな入り組んだ場所にもムラのない塗装が可能である。

 

<デメリット>
・調色が不可能なため、設定色の中に希望のカラーがない場合がある。(どのようなカラーがあるかはお問い合わせください。)
・納期・コストについては、ウレタン塗装と比較してかかる。

 

 

 

元のホイールがウレタン塗装で1〜3本での傷修理の場合にはパウダーコートは使用できないので、同様にウレタン塗装で塗装します。

しかし、4本での修理の場合や、他色へ4本カラーチェンジする場合については、多少のコストや納期がかかったとしても、数年先の塗装の耐久性を考えると粉体塗装(パウダーコート)を強くお勧めしております。

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

赤色のエアータンクの傍で撮影してしまったため、撮影画像にその赤色が映り込んでしまったのが残念ですが、

実物は、表も裏もムラのない美しい仕上がりです。

 

 

 

 

裏側もこれだけ綺麗に塗装できるのも、粉体塗装(パウダーコート)の魅力の1つだと思います。

 

 

新品ホイールのクォリティーに負けない出来映えです。

 

 

 

 

 

お問合せ・見積もり依頼は・・・下のリンクをクリック。(公式HPにジャンプ)
 ホイール修理の彩工房

LINEで送る
Pocket

«
»