CHEVROLET(シボレー) ダッシュボードのビス穴リペア

LINEで送る
Pocket

今回は、インテリアリペア(自動車内装修理)の施行のご紹介です。

 

 

 

こちらのシボレーのダッシュボード。

お客様の愛車が現在レストア中ということで、ダッシュボードを外して持ち込まれました。

 

こちらがそのダッシュボードです。

 

通常は車に装着された状態で作業をしますが、外してあるとやはり作業がやりやすいです。

(当然、その分の施行料金は勉強させていただきますよ〜)

 

 

 

 

after

 

今回の施行箇所は、こちらのビス穴2個。

 

 

それと画像には撮っていませんが、数カ所小さな破れがありましたので、そこもリペアの対象です。

 

 

 

たいした傷ではないけど、場所が場所だけにそのままだとすごく気になります。

とはいえ新品交換となると高額な費用がかかるし、そもそも部品が供給されていないケースもあります。

中古部品もタイミング良く程度が良いものが入手できるとは限りませんしね。

 

 

 

このような時が、当店のインテリアリペアがハマるケースになります。

 

 

 

 

after

 

いきなりですが、施行後の画像です!

 

遠目からぱっと見た感じはもちろんわかりません。

 

 

近くに寄っても 撮影しても・・・どうでしょう?

凝視しない限りは、どこを補修したかなんてわからないです。

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ・見積もり依頼は・・・下のリンクをクリック。(公式HPにジャンプ)
 ダッシュボード修理の彩工房

 

 

 

LINEで送る
Pocket

«
»