V36スカイライン スイッチパネル(ステアリング&ドア)の塗装はげ

LINEで送る
Pocket

今回の対象車種は・・・V36スカイライン

車種により、弱点となるポイントというか、定番の不具合というようなものが、あります。

 

V36スカイラインの弱点といえば・・・こちらです。

 

 

 

ステアリングのスイッチパネルのラバー塗装のはがれ

 

 

 

 

 

運転席ドアパネルのラバー塗装はがれ

 

 

 

同じく助手席ドアバネル・・・

 

 

V36スカイラインにとって、内装部品に使用されている「ラバー塗装」は弱点といっていいでしょう。

多い時で月に4〜5台、同じ車種のまったく同じ症状のリペアの施行をすることもあります。

質感・触感を良くするため、柔らかくて塗膜の厚いラバー塗装が施されているんですが、

経年劣化により、その塗膜が軽く触っただけでボロボロと剥がれてきてしまいます。

 

このハゲハゲでまだらな状態、見た目も悪いし、みっともないですよね。
スカイラインの高級感ある雰囲気も、台無しです。

でも・・・新しい部品に交換しようとしても、かなり高額。
ステアリングの交換の場合で、7万円程度の出費は覚悟しなければいかないそうです。

 

 

 

このように新しい部品が高額な場合、当店のインテリアリペアがメリットを最大限に発揮します。

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態なら、今後も気持ち良く愛車に乗ることができますよね。

 

 

こちらの施行については、当日仕上げも可能です。(要事前予約)

スカイラインの塗装はげの症状で御悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

お問合せ・見積もり依頼は・・・下のリンクをクリック。(公式HPにジャンプ)
横浜の自動車内装修理 彩工房

LINEで送る
Pocket

«